症状

車は生活することにおいて欠かせない存在ですが、人によっては「車酔い」になりやすい人がいるでしょう。車酔いになりやすい人は、どうしても長距離の車の乗車時はもちろん、短距離でも車酔いになってしまう事があります。車酔いは非常に気分が悪くなりますし、楽しい気分も一瞬にして吹っ飛んでしまうのでとても厄介な症状ともいえます。

 

しかも、車酔いになってしまうとなかなか治らないので、放っておくとさらに気分が悪くなり時には吐いてしまいそうになることもあります。そうなるまえに、車酔い対策をすることが大切になります。車酔い対策というと「酔い止めの薬」や「新鮮な空気をすう」ということが思いつくと思いますが、「車酔いに効くツボ」を指圧することも車酔いには効果的です。吐き気やめまいに効くツボとしては、頭の後ろのうなじ付近を指圧したり、すねをマッサージすることによって改善する事ができます。

 

当然、個人差があるので、ツボを刺激したところでほとんど効果がないと感じる方もいるはずですが、それでもしないよりは指圧していた方が気がまぎれていいでしょう。どうしても改善出来ない際には、常に酔い止めの薬を持っておく事を意識しておく様にしましょう。